添加物

ウェットタイプとされているドッグフード

ほとんどのものが、ドライタイプのドッグフードですが、ウェットタイプも人気があります。
ウェットタイプの良い点はやはり、幼い犬や、お年寄りの犬も食べることができることです。

あごの力をそこまで必要としないので、安心して与えることができます。
そして味にも秘密があります。

ウェットタイプのドッグフードに関しては少し値段がしますが、味が抜群です。
ですから、犬にあげると反応がドライタイプの時とは全く違います。

どうしてかというと、旨味をそのまま味に生かすことができるからです。
ドライタイプの場合は、日持ちはしますが、旨味成分が少ないのが特徴です。

しかし、ウェットタイプは素材の味をしっかり生かすことに成功しています。
また水分がたっぷりと含まれていることから、含まれる栄養素を吸収する手助けもしてくれますし、胃にも優しいです。

ですから、ドライタイプを与える時と、ウェットタイプを与える時とメリハリをつけることが大切です。
こうすることで、犬も喜んで食べます。
毎回ウェットタイプだと気にするべきはカロリーと添加物です。

とりわけ安いドッグフードだと高カロリーで防腐剤が多く含まれていることもあるので注意して選ぶことが求められます。
口コミなどで人気のドッグフードを参考にしてみたり、犬のことを考えて選びましょう。


このページの先頭へ