添加物

ドッグフードで安全基準の国の違い

ペットを飼っている期間が長く、本当に自分たちの家族のように考えている国、これがすなわちドッグフードの安全基準も高い国ということができます。
これはアメリカとヨーロッパです。
とりわけアメリカはペットの扱い方に関しても先進国です。

ですから、ドッグフードに関する基準も非常に厳しいです。
これにより質の悪いドッグフードが出回りません。
また、消費者も本当にペットが好きなので、安いドッグフードには目も向けませんし、含まれている添加物に関してもすぐに調べるという習慣が身についています。

向こうのドッグフードに着色料などの必要ないものが含まれていることなどまずありません。
犬のアレルギーに関しても良く考えられているので、早期から添加物の表記に関しては厳しい基準が設けられています。

比べて日本はというと、ごく最近、ペットフード安全法ができましたが、これもペット先進国をまねただけのもので、そこまで厳しくないのが現状です。
この点で日本は完全な後進国であり、普通に添加物がたくさん入っているドッグフードも売られています。
ですから、他の国よりも注意して購入する必要があるのです。
日本はこれからさらにペットのことが考えられるようになり、調整が加えられていきます。

このページの先頭へ