添加物

ドライタイプとされているドッグフード

お店にいっても一番良く見かけるのがこのドライタイプのドッグフードですね。
一番メジャーです。

メリットはたくさんあります。
まず、ドライタイプであることから長持ちします。
ドライタイプのドッグフードの保存方法がこちらに詳しく載っていますが、
湿気にさえ注意すれば、大きい袋で買って何か月も持ちます。

更に、栄養も豊富に含まれていますので、バランスが取れていると言えます。
何よりも安価です。
加えて、ドライタイプの物はあごを鍛えるという点でも魅力的です。

では、ドライタイプで注意しないといけない点はあるのでしょうか。
それは、添加物が入っていないかという点です。
安いですが、もしかしたら添加物が多く含まれているかもしれないので、それはきちんと確認する必要があります。

生まれて間もない犬や、歳を取った犬にあの固さはこたえるので、そういった場合は、ドライタイプよりもウエットタイプの方が適していると言えるかもしれません。
その年齢に応じたものをあげることができます。
犬のことも考えて毎回同じドッグフードを与えるのではなく、ドライタイプでも味や栄養素が違うものがたくさんあるので、そういったことを考えて、今の犬の状況にあったものを購入するならば、更に効果を実感することができます。
一番メジャーなドライタイプのドッグフードhttp://www.jaylynnscraps.com/kanan.htmlは原料の確認も大切です。

このページの先頭へ