添加物

子犬用ドッグフード選びは大事

犬を飼うに当たって覚えておきたいのが、成長の段階に応じて与えるべきドッグフードが異なってくるということです。
これは、当然です。
人間でも生まれたての頃と成長する段階において食べるものが異なります。
必要な栄養素が変わってくるからです。

子犬は産まれてすぐは、固いものを食べることができません。
数週間はドックフードをあげなくても、母乳で育ちます。
もし、この状況で購入した場合は、店の人と相談し、人工的なミルクで、必要な栄養素を与える形となります。

そしてこの時期を過ぎると、飼い主が真剣にドッグフード選びを始める必要が出てくるわけですが、最初は子犬用のウェットタイプ、もしくは半生タイプを与えます。
まだあごがしっかりしていないので、いきなり固いものを食べさせない方が賢明です。
そしてミルクも上げます。

二か月くらいしたら、子犬用のドッグフード、これも少し柔らかめのものになりますが、一日に三回を癖づけます。
それから少しずつ固いものを食べるようになれさせていきます。
こうやって成長段階に合わせてふさわしいものを購入することが大切です。

子供用のドッグフードは、より原材料に気を遣わないといけませんし、添加物が含まれているものに関してはもってのほかです。
アレルギーをもって育ってしまう可能性があります。

このページの先頭へ