添加物

猫にドッグフードを与えると失明する?

ペットという感覚でとらえたときに、どうしても犬と猫は一緒に考えられてしまいがちです。
そして両方とも飼っているうちでよくみられる光景ですが、猫の餌が切れたときに、一日くらいドッグフードをあげても大丈夫だと考えて、猫にドッグフードをあげます。
これが、実はあまり良くないことなのです。
どうしてかというと、猫と犬では実は造りが全く違います。

例えばですが、猫は魚介類を好みますが、これを犬にあげると塩分が強すぎて、すぐに病気になってしまいます。
逆に猫は良質なたんぱく質を必要とします。
中でも猫が必要とするのがタウリンです。
これが魚介類にたくさん含まれているのですが、これにより、体の造り、とりわけ目に大きな影響を及ぼします。

猫の目にとってこのアミノ酸の一つであるタウリンの働きが欠かせないわけです。
しかし、先ほど述べたように、ドッグフードには必要ないので含まれていません。
これにより、猫の目がどんどん悪くなってしまう可能性が強いということができます。

目が見えなくなることはないにしても、目に多大な影響を与えることは間違いありません。
ですから、猫には猫の餌を買ってあげるのが一番です。
動物は必要とする栄養素が異なるからです。

このページの先頭へ