添加物

総合栄養食であるドッグフード

健康に過ごしてほしいと願うのは飼い主として当然です。
ですから、そのためには飼い主が努力を払い、良いものを提供する必要があります。
そのうちの一つがドッグフードです。
当然ですが、食は健康と直接関係しています。
ですから、きちんとした知識と対処が必要です。

一般的に売られているドッグフードは、総合栄養食です。
すでに、犬のことが考えられて栄養がバランスよく含まれています。
これに加えて水を上げれば、それだけで必要な栄養素を摂れるようになっているのです。

タンパク質、ミネラル、脂肪、こういったものがきちんとバランスよく含まれています。
ですから、表記を確認して何がどれだけ入っているかを調べることができます。
よく動く犬には動物性タンパク質がたくさん必要です。
ですからお肉メインのドッグフードとなりますが、普通の犬であれば、多少穀物が入っていても問題ありません。

このように犬の種類に合わせて、また、様子を見て肥満気味であれば、ミネラルを増やして穀物の入っていないものにするなど、総合栄養食であっても含まれている割合を考えて購入することが大切です。
成分一覧表でもう一つしっかりと確認していただきたいのが添加物の量です。
ドッグフードを日持ちさせるために添加物が大量に使われている商品があります。
賞味期限の長いものや値段が安いものには、添加物が大量に使われている可能性が高いため気をつけましょう。
愛犬のことを考えるのであれば無添加のドッグフードをあげることをおすすめします。

間食などは本来必要のないものなので、それも覚えておかないといけません。


このページの先頭へ