添加物

ドッグフードは低アレルギーが大事

人間でもアレルギーがあります。
意識していないと、ショック症状を起こしてしまうこともあります。
ですから、慎重に食べ物を選ぶ必要があります。
確かに反応するものはひとりひとり違いますが、それでも、低アレルギーのものであれば、安心して摂取することができます。

実はこれは犬も同じです。
犬の種類によっても、さらに言えば、一匹一匹、反応する食べ物は違います。
ではまずどうやってそのアレルギーを見分けるかということですが、ドッグフードを変えて、長い期間下痢が続く、食べようとしない、やたら体を掻く、こういった症状が見られたらもしかしたらアレルギー反応かも知れまえせん。

すぐにドッグフードを変えてあげる、また部屋をきれいにしてあげることが大切です。
次にどういったものでアレルギーが出やすいかという点ですが、往々にしてあげられるのが、その食品というよりも、含まれている添加剤です。
もしくは防腐剤です。

こういった科学的なものに反応する動物が多いので、犬にドッグフードを与える時もよく注意しておく必要があります。
また、販売しているものの中には低アレルギーのドッグフードもあります。
最初からこういったものを購入するならば安心して犬にあげることができますね。


このページの先頭へ